ニューアイテム到着&春の釣りはエンジョイで!


こんにちは。

ニッシーです。

 

各地で釣れだしてきてますねー♪

まだまだ日替わりですが、魚も冬の延長的な狙ってとる魚だけでなく、越冬明けのオスも動きだしてるみたいですね!

季節の進行は各地それぞれで好調の場所もあれば、あと一歩なところもあるので周りの釣果に焦らず、腐らず、楽しんでいきましょうねー(*^^*)

 

とりあえず、シーズンに向けて新製品系がいっぱいキテますが中でもオススメなとこから。

まずはフック!

ノガレスからマジフック リバイバル5!

オフセットフックとストレートフックの良いところを上手く合わせたフックになってます。

ナローゲイブ、ストレートフック的なフックポイントは浅く咥えたバイトをフックアップしやすくなるので、プレッシャーフィールドの接近戦で細かく撃って食わせてく釣りには最適で、岡山だと倉敷川や篠ケ瀬川などの人気エリアはもちろん、野池の足元撃ちでもオススメ!

フックサイズも一番大きいのが3/0と食わせのワーミングよりなので、通常のオフセットと使い分けしてもらうと違いは出やすいと思います♪

通常このコンセプトでやるとフックのセットが難しくなるのですがこれはリグりやすいのが一番の良いとこですね!

 

もう一つが、時期的には少し早いかもですが

フラッシュユニオンから新型のクローラーベイトが!

プロトでは溺れ三太郎と呼ばれてましたが、、、w

ドラウンドクローラーとちゃんとした名前がつきましたね!

クラシカルでアメリカンなルックスが最高ですが、耐久性と浮力の高い素材を活かして超低速から高速アクションまで対応する高性能羽根モノで、少ない移動距離でいっぱいチャンスが作れます♪

ちなみに、ルアーサイズは90mmの1oz クラスなのでタックルや場所も選ばず使えます。

フックはトリプルフックなら#2でダブルフックなら#1/0と使い分けできるようになっていて、縦長ボディが羽根モノの弱点であるフッキングの悪さも解消!

羽根も市販のアルミウイングで敢えてセッティングしてあるので、1つのルアーで長く遊べるルアーになってますね!

しっかり歯型着けて、ボロボロにしてからがカッコイイルアーですね。

楽しい遊び道具であり、強力な武器にもなる、、、フラッシュユニオンらしい釣果主義に、遊びのルックスも加わった名作きましたね♪

 

そんな感じで新製品報告でしたが、釣りのほうは

春のセオリーといえば「ディープ隣接のシャロー」

張り出した岬やワンドの入り口などが定番になりますが、あくまでもハードボトムがあったりの条件も必要ですし、フラットなエリアでもウィードや沈み物などがあるとそっちが春爆したりと、、、

あくまでセオリーは一例であって、今年の春はそういったセオリーがハマりにくい感じなので、その中で釣っていくので便利なのがやはり巻物。

早い動きにはなかなか魚も付いてこないのと、日替わり、時間替わりのタイミングを当てにとにかくスイムジグ巻きまくるのがどこに行っても釣れてます♪

シャトルにアバカスシャッド!

懐かしのトライブTVをご参考までに。

ここも工事が入って以降なんか釣りしにくくなりましたな、、、

 

暖かい日などは魚がより浮くので、少しパワーのあるスイムベイトで浮かせて食わせるのも!

ユニオンスイマー120!

昨年はこの時期からこのパターンもよかったですね!

 

昔っからスイムジグはオススメさせて頂いてますが、スイムジグは基本投げてボトムまで落としてからゆっくり巻くだけ。

ボトムにたまに触りながら巻いてくる感じで良いと思います。

スイムベイトはスローシンキングにして、ルアーが見えるか見えないかぐらいの水深をゆーーっくり巻くと良いですね。

この時期は周りが釣れ始めたわりに、、、っと結構釣れない悩み相談を受けること多いですが、朝と夕方遅めのバイトが集中なので暖かい昼間だけ釣りしてると相当厳しいと思います(^^;)

釣果に悩んでる方は是非良い時間を選んで釣りに出てみてくださいね♪

 

巻いて釣るのが狙いを絞れないときには当然おすすめですが、ある程度場所を絞れる方はノーシンカーをボトムでジョートジャーク&ステイで線の釣りで使うのが最近のオススメです!

フラットなエリアの沈み物が正解の時こそ春爆は起こりやすいですからね(*^^*)

先日行ったトライブ遠足では圧倒的にコレでした。

 

また季節が進んでいるところではハードボトム×ザリガニが強いです!

毎年ユニオンクローが釣れだしたら春やなーって思ってます。

(写真は懐かしの柳井原w早春こそ狙えるフィールドで楽しかったなー、、、)

最近はワームと言えばシャッドテール系が人気でザリガニ系ってあまり使われない方も多いですが、春と晩秋は圧倒的に釣れるジャンルです。

特にユニオンクローはコンパクトだけどデカイ爪でのしっかりとした存在感なので、あまり動かし過ぎないほうが良い時期には持ってこいで、春ありがちなショートバイト対策にフィネスラトラーを爪のラトルホールに入れてやるといいですね!

こちらも懐かしのトライブTVをご参考までに。

季節の進行を捉えて、ルアーを合わせていければかなり釣れ釣れだけど外せば釣れないこの時期。

とはいえ、忙しい年度末にそんなに頻繁に釣り場に出ることもできないので季節感も掴みにくいとう釣り人がモヤモヤ、ムラムラする時期ですwww

色々とパターンはあるも春のスイムジグにしても、底モノにしても、スピナーベイトにしても、MH1本持ってリズムよく楽しむが一番だと思います(*^^*)

濁ってるか、クリアかでのルアーパワーの選択だけミスらないように楽しんでくださいねーーーー!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です