真冬のデッドスローも始まりましたね!楽しい時期が少し早目に開催!


こんにちは。

ニッシーです。

 

先日はシャローカバーの釣り書きましたが、やっぱり2月の野池で外せないのがデッドスローの釣り♪

最低水温期のクリアアップした水質にトライブウィードはやっぱいい感じですね!

ワイドリップにフロントフックアイに1.2gのクイックチェンジャーでのヨタ巻。

護岸のエッジのレイダウンから出て来てVテールをガジガジして帰るを2回繰り返して、3投目はブチ切れてバイトしてきたので今年は少し早目にそんな感じなんでしょうかね?w

思ってたよりサイズは普通でしたが、今年初のクラッシャーで嬉しい1発でした♪

早くも三寒四温な感じも出て来てますし今年の早春は楽しそうです♪

 

そんな感じで最低水温期の展開が開催中な岡山の野池。

フィシングーショーなどでもよく聞かれましたが、楽しくなってくるのがこれからの時期!

これからはどんどんシャローの水温も上がるし、魚の気持ちもシャローに向くので、沖の最深部よりも、岸展開が個人的にはオススメです!

やはり水温も6度台あたりから下は、動かない魚は全く動かなくなるので、最低水温が溜まるディープをやるにはそれなりの性能のある魚探で高精度に狙わないと口使ってくれないので、オカッパリでは狙える個体数は減れども動ける強い魚に狙いを絞るほうが効率が結果良いように思いますね(*^_^*)

気持ち的には50アップしか狙わないくらいで良いと思います。

 

手堅く使えるのが、シャトル×アバカスシャッド4.3

コースが取りやすければタイニークラッシュ

ちなみに一昨年、昨年の2月に撮影した動画はそんな気持ちで全部50クラスというこの時期のハイリスクながらもハイリターン展開です♪

 

この時期、水温を測ったりしてみるとシャローは5℃~6℃で、暖かい日のシャローはどんどん水温上がって行きますが、冷たい水の方が底に溜まっていくので最深部は悪い水で安定になるので、

魚も中層に浮き始める&シャローに入るので、ミドルレンジのハードボトムやシャローカバーで口を使わせる&春意識で回遊する魚も含めてそのまま中層で食わせるためのデッドスロー♪

先日は三寒四温の温の日だったのでシャローに上がる魚も居たのシャローカバーでの1匹でした(*^_^*)

 

で、

魚の狙いはついても大敵なのがクリアアップで、クリアアップの中釣るためのルアーがスイムジグやスイムベイト、ビッグベイトだったり。

野池はある程度ロングキャストで狙えて、魚を引っ張れるルアーが良いですね!

 

河川だと、そこに根掛かり要素も加わってくるのでシャッドやノーシンカーでのシャッドテールでしょうか。

 

ちなみに、シャローの魚はなかなか食わないので、吊るしたり、隠したりして食わせますが、意外と狙い目なのが、このシャローの魚が一段下に下がる三寒四温の寒の1日目!

魚のプレッシャーが少なくなるし、ファーストブレイクのカバーやハードボトムと狙いも絞りやすくなります♪

前半はデッドスローでその魚を呼んでくるアプローチしていきますが、早春らしくなってくるとシャローの個体数も増えて思った場所で食ってくるのでジグやシャッドで直接狙っていく感じで。

水温がどんどん上がって行くと、魚の活性は上がれど頭目覚めるのか、、、ルアーの見切りも早くなるので、重めのフルメタでのリアクションアタックはもう一度出番が来ますよー(*^_^*)

 

最低水温期からやっとくと春の感じは掴みやすいし、きたらデカいのでもう春準備してくのが良いと思います♪

 

岡山のマックスサイズ級が狙いやすいのもこの時期!

多分Xデーは22日な予感です、、、♪


トライブ発信の釣り動画です。

★トライブTV★

冬のALL OR NOTHING!


フラッシュユニオンチャンネルでの僕の動画です。

またお時間ある際にでもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です