ダイレクションジグ×アバカスシャッド2.8!琵琶湖オカッパリのパワーフィネス!


こんにちは。

ニッシーです。

 

先日西の湖チャプターで頂きましたバームクーヘン。

持って帰ったらめちゃめちゃ喜ばれましたが、、、

相当有名だったらしく、、、インスタで上げてたらそんだけ来てるわりにそんなことも知らないのかー!wwと地元の方達から滋賀愛不足のご指摘を、、、w

すいません、勉強不足でしたーーー(^_^;)

滋賀愛不足ですがふるさと納税はしましたよwww

 

逆に地元の方々がやらないスモラバについてもよく聞かれるので改めて、、、

ダイレクションジグ×アバカスシャッド

パワーフィネスでセットしてのウエイトは1.8g~4.5gまで風やカバーの濃さに合わせて使い分け。

オープンエリアにふらっと現れる見えバスも両方アプローチできるように出来るだけ軽い方を選んで行く方が良いので、風のない時やライトカバーでは1.8gからスタートしてます。

風が吹くとラインが引っ張られて軽いジグが落としにくくなるのと、カバーから落ちない時はウエイトを上げていく感じで、カバーエリアでは2.8g~4.5gが主力に。

ロッドは68Mでラインは

デッドオアアライブウルトラパワーフィネスPEx8 1.2号にフロロリーダー8lb~12lb

爆風でウエイトが3.5g以上になってくるとPEよりフロロのパワーベイトフィネスが使いやすくて良いかもです。

狙うとこは冠水ブッシュorフローティングのベジテーションカバー

本湖側だとカバーってそんなにないので、どこかだいたい予想つくと思いますが、流入河川などもアツイですね♪

基本はそういったカバーで回ってくる魚を狙いつつ、良いタイミング以外はふらふらしてる見えバス取ってく感じです。

結構浅いところの魚なのでカバーを使わないとなかなか食わせれないので、色々なスモラバがある中で、根掛かりに強く、カバーから引っ張り出しても安心強度&しっかり刺さるフックが必要となるのでダイレクションジグが活きてくれてます。

プリの場合はおもっいきり引っ手繰ってくので、最初のフッキングが向こう合わせ的になることも多いですが、硬いロッドで弾きそうなバイトもギリギリでも掛かってくれるのでキャッチ率が高いのも♪

また魚のサイズもあがる琵琶湖でも安心といったところですね。

 

カバーの中でしっかり誘えて、シェイクしながらテンションを掛けてやるとぽろっと枝などからも外れるので、そこで食わせることもできて、

良い場所だとどんどん新しい魚が入ってくるのでで、歩きながら釣る中で目についたちょっとしたものを撃ったりと色々な状況で対応力の高さもダイレクションジグのメリットがフル活用できてます。

 

 

対応力が高いのが数も獲っていける要素ですね♪

 

カラーは見えバスに対して色々試してみたところジグ×アバカスの組み合わせとして、

ウィードシュリンプ×ステルスシュリンプ

グリパン×PBグリーンフレークジュンバグ

この2つが今のとこ安定です♪

今年はこのパターンで好調ながらあとチョイ届かずな感じでまだロクマルには出会えずですが、、、

ウエイトはさがりますがロクマルというキーワードだとアフターの細長を狙う方が獲りやすいので、これからのアフターにも期待できるルアーになると思います(*^_^*)

ルアーはフィネスですが、シッカリとカバーを攻めてビッグフィッシュを狙うのでパターンとしてはストロングです♪


トライブ発信の釣り動画です。

★トライブTV★

フルレンジスイムベイト!ユニオンスイマー!


フラッシュユニオンチャンネルでの僕の動画です。

またお時間ある際にでもよろしくお願いします!;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です