フルメタルソニックのカラーローテーション!初バスゲットに!


こんにちは。

ニッシーです。

 

今年は暖冬なのもあり、ため池もまだターン濁りが残っている分例年なら圧倒的なフルメタルソニックのリフト&フォール展開がもう少し先のようで、今は巻きでの展開が優勢な岡山。

フルメタルソニックを巻くという展開が昨年も好調で初冬は「メタルを巻く」というのがここ最近では定番になってきてます。

昨年の12月に撮影したフラッシュユニオン動画

5gの巻きに、メタルのアイを使い分けした10g~14gの巻きについても解説してます。

SNSで上げているショートムービーも今年は巻き展開多かったですね♪

 

そんなフルメタですが、今年は「トライブスタープラチナ」

トライブのオリジナルカラーが出ています!

「ため池スペシャル」で作ったカラーですが、エンジョイフィッシング用の5gのみの発売なので他のウエイトに関してのカラーローテーションについて、以前フラッシュユニオンで書いた記事ですが、ご参考までに。

ちなみに、スタープラチナは個人的に一番実績の高かった、銀ピカワカサギとクラウンギルを合体させて、巻きで使った時のシルエット変化が出るようにピンクサンダーを加えてます!

 

で、

フルメタルソニックのメーカーカラーは個人的には5系統に分けて、あとは天気や時間ごとの光量に合わせて光り具合の強さと、色の濃淡でのアピール、水馴染みで選んでもらうと良いと思います。

1.銀ピカシリーズ

よく光ってよく目立つので、朝一などの光量が少ない時に活躍します!

また、あまり詳しくないフィールドでとりあえず魚を探すにも便利なカラー。

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/12/25

全然知らない初場所野池のど真ん中に投げ込むにも安心のアピールなので、銀ピカシリーズがトップバッターになることが多いですね!

 

反面、よく光るぶんあまりひつこく投げるとスレてしまうので、日が出て光量があがる、もしくはある程度魚のレンジが把握できるとチェンジです。

 

2.ゴールド系統

続いてがゴールド系統で、野池の水質だとよく合うのか日中は実績カラーです!

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/12/25

キンクロがちょいアピール、スプリングレッドクローがリアクション重視、クラウンギルがその中間系統です。

茶褐色系の水質には赤がよく釣れるイメージです!

日中のサーチにはキンクロがシルエットも出て便利です。

 

3.ホロ系統

ある程度プレッシャー掛かってくると少しリアルなホロ系統へ。

また冬の野池で多い薄緑のステインウォーターではメインに僕は使ってます。

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/12/25

よく知ってる場所では、銀ピカまでアピールが要らないのでトップバッターで使うことも。

 

4.マット系統

この系統は分かりやすく濁った時に。

また何匹が釣っていって光るのを嫌がり出した時に使えます。

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/12/25

同じ系統にしましたが、結構この3色はそれぞれハマるときはハマるカラーで、、、

チャートバックシャイナーはバスクリン的なアオコ濁りに。

ブルーバックチャートはドロ濁りに。

またブルーバックチャートは光らないけど明滅が効くので、全然釣れないときにリアクション重視のバイトが狙えます。

ブラックは濁りだけでなく、シルエットがはっきり出てクリアウォーターでも釣れるので個人的には絶対ボックスから外れないカラーです(^^)

 

5.万能系統

水馴染みが良くて程よく光るので、メタルのリアクションだけでなく食わせ力もあるカラー

Flashunion 西平和人 ブログ写真 2018/12/25

レインボーフラッシュギルは稚ギル食いに効くので個人的に野池の場合は必須です(^^)

スケルトンライムチャートは他で釣れないときにコレだけ釣れまくる時がありましたね!

コットンキャンディはクリア水質では必須のカラーで、リザーバーや天然湖では個人的に一番出番多いです(^^)

 

何匹かローテーションで釣ったあとに、違う場所にまた目立つカラーを入れると再びそこから連発などもあるので、フィールドのサイズや魚のキャパシティで変わるのでご参考程度にですが。

カラーローテーションとウエイトローテーションで止まったバイトをさらに引き出すことが出来ます。

正解カラーだと答えは早く帰ってくるのでカラーローテーションは是非してみてくださいね!

 

ちなみにPEスピンが

ROD:610ML

REEL:2500番

LINE:デッドオアアライブフィネスマスターPE x4 0.6号+リーダーフロロ8℔

飛距離重視なら0.6号で汎用性を持たせる場合はPEは0.8号でもOK

(リーダーはキャストの垂らし分で30cmくらいあれば大丈夫ですが、糸絡み防止になるので必ず入れてください。)

 

ベイトで使う際は

ROD:69MH

REEL:ギア7

LINE:フロロ12℔

こんな感じでやってますのでご参考までに!

 

フルメタルソニックは巻いてみて、リフト&フォールしてみて、色変えて、場所変えて、、、と冬でもリズムの良い展開で釣っていけるので、寒さに負けずに集中しやすいジャンルです!

 

今の感じで行くと年始の休み明けまではしっかり遊べそうな雰囲気で、冬はフィネス系の釣りも良いですが多少テクニック的な要素も必要なので、フィネス苦手な方はシンプルに釣りやすいフルメタルソニック是非投入してみてくださいねー(*^^*)


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です