冬のメイン♪デジーノ レーベン61SUL

こんにちは!
 
岡山のバス釣りアングラーのニッシーです!
 
 
昨日は針について書きましたが、
 
冬に個人的に欠かせないタックルが
 
 
 
 
デジーノ レーベン61SUL!

DL-SJ61SULRST-3S

1/64~1/4oz

2.5lb~5lb

 
感度ピンピンのフィネスロッド!
 
 
魚からの返答が少ない冬は一カ所に欠ける時間も長くなるため、ポイントのコンフィデンスも大事で、時間を掛けるならより一級なポイントに絞って釣りをしたいのが僕の中で1番大事な点。
 
 
オカッパリでは、ちょっとした水深や、地形変化にストラクチャーの高さ、ボトムの硬さなどはとても重要で、変化のある場所がいくつもある中で、より良い場所をやりきるのに判断材料をロッドの感度が沢山伝えてくれます♪
 
 
また、水中を想像してリグを動かしていくうえで、ロッドの感度の良さから状況がダイレクトに手に伝わってくるので、この竿で釣ってくことで状況が絞りやすく、狙いをより詰めて攻めることが出来るので時間の掛かる冬のフィネスを効率化できます♪
 
 
 
 
 
昨年の冬のトーナメントでも、時間の掛かるディープ戦略を、魚探で視覚的に見た良い場所にちゃんと入ったかどうかがよく分かり、ポイントの判断が早く、リズム良く釣れたことで優勝できました!
 
 
また、冬の場合は「居るけど食わない」という魚も多いので、シェイクし続ける、止めておく、だけでなく妄想サイトで良い場所はコチラから仕掛けていくこともキーになります。
 
 
 
 
初めて行った野池で、ミドルレンジにあるフラットにポコっと空いてる穴をリグを引いてきてる時に見つけたんですが、絶対居るだろうってことで、軽くトゥイッチ入れてやると口使ってくれました!
 
 
SULという表記はタフコンディション用なイメージをもたれる方もおられるかもしれませんが、ハイシーズンのビックバスにもノサれる心配がないので、実際のところは冬と言わず、年間通して主力なロッド。
 
僕のスタイルでは、フィネスを主体に釣っていくことが多いのですが、この竿だからこそ獲れたという魚がリアルにある1本ですね!
 
 
感度の良さだけでなく、竿自体のバランスが良いので、持った感じが凄く軽く、操作しやすいティップと、掛けた感がしっかり分かるベリー
 
 
 
凄くシャープでありつつも、魚の引きに追従するのでライトラインの勝負が思い切ってできるのに、掛けてからはサイズ感がボケるくらいのトルクで浮かせてくれるので僕は琵琶湖でも心配なく使ってます♪
 
 
 
 
先行者が釣った後のポイントでも、きっちり物に絡めることや、ライトラインを使うことにより魚を引き出せるので、ハイシーズンの1級ポイントで使うことも多いですね!
 
 
僕は主に0.9~3.5gまでのダウンショットを主体に、ネコリグでも使ってます。
 
カットテール4インチのネコが使用感が最高なのもありセコリグ師としてはついつい魚触りに行くのに使ってしまいますが、レーベンシリーズの中でも釣るための竿としては一番のお気に入りです♪
 
 
情報が少なめなデジーノロッドなので、ちょっとガッツリ書いてみました!
デジーノロッドはトライブでも注文可能ですよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です