ルアーニュースさんに!

こんにちは!

岡山のバス釣りアングラーのニッシーです。

 

トライブTVのページに予告編がアップされました!

 

デッドスローリトリーブ

っとあるように、巻き展開です♪

「真冬の釣り」といっても1月と2月ではまた違い、

岡山の野池のオカッパリでは、

1月は前回のトライブTVでご紹介させて頂きました、

最深部のフルメタルソニックが不動の最強パターンです。

 

で、

2月!

いよいよ最低水温期に入ります。

こうなると、冷たい水が底に落ち、完全ボトムの魚は活動停止

動ける魚は底冷えを避けて、レンジを上げてきます。

水温が上がりやすいシャローのロックエリアや、安定するカバーへと

入ってくるので、そいつを狙った展開が最低水温期の釣り。

 

フィールドのバスの総数のうち、そういった動ける魚はごく僅か。

動けない魚はストラクチャーと変わらないので、

狙う魚の密度はかなり少なくなるので、巻き展開が効率的!

 

ゆーーーっくり動かせて、魚を引っ張れるパワー、

尚且つ、あまりやる気がないところをスイッチが入れられる!

これがルアーセレクトの条件になってきます。

(河川など、インサイドやアウトサイドなど、流れが絡むフィールドとなれば

場所も絞りやすいのでフィネスという選択肢も入りますが、、、)

 

また、真冬の超短い時合いを捉えるためにも、あまりウロウロするよりも

巻いてると、そのタイミングを計りやすいのも巻きのメリットです。

 

予告編で使ってるのが、

アバカスシャッド4.3インチに1.1gのネイルを入れた

オフセットフックのセッティング!

 

護岸のこぼれたロックエリアを狙ってますがこの釣りでやってるまんまのパターンが、

今日発売のルアーニュースさんに載せて頂いてます!

ちなみに、今回スイッチをいれるために使ったチャートシャイナーがちょっとしたキモです。

 

ちなみに、上には藤木さんの記事でユニオンクローでのビッグフィッシュも♪

柴田さんの魚は完全にモンスターw

しかもこっそりと、すごく楽しみなことも書いてあったり、、、

柴田さんは琵琶湖底倶楽部の超カリスマアングラーですね!

フラッシュユニオンルアーにデジーノロッドをテストしてるので、

僕もとても勉強させて頂いてます。

ルアーニュース是非見てみてくださいねー!!!

 

もうじき、トライブTVの本編が公開されると思いますが、

同じくアバカスシャッド4.3を使ってますが、

オフセットフックのセッティングと合わせてかなり対応力が広がります。

2月だけでなく、5月くらいはメインパターンとして使え、

5月からは巻スピードやレンジは変わりますが、年間通してしっかり使える釣りです!

是非、公開されたら見てみてくださいね!


まだ、見ていない方は是非みてください!

 

僕自身、初の動画撮影!TRIBE TVで冬のオカッパリです!

フルメタルソニックを使ってバスを連発!?

下のボタンを押すとチャンネル登録できます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です