小野湖釣行♪フラッシュストレートが好調でした!


こんにちは!

トライブのニッシーです。

 

先日の小野湖での練習。

ユキ君が準備してくれたボートでC馬監督のバックシートで出撃!

噂のハイパワーエレキのハイガー

ジャビル400とデカいアルミでしたがスイスイでしたよ!

ブラシレスで長距離移動も焼けないらしいので、ここ最近人気の高いメジャーフィールドのエレキ戦では凄く役立ちそうですね。

 

って、感じで朝一は川筋のシャローを触るも、僕に釣れる魚は不在w

ミドルレンジの地形の釣りにシフトして、、、

フラッシュストレート5.8でキロ~1500までが沢山釣れてくれました♪

 

チビアバカスでも釣れますが、この日はサイズはフラッシュストレート5.8が圧倒的!

プラってことなので、良い場所からは魚抜きすぎないように、気になる地形を触って行きましたが、答えの早いフラッシュストレートは、色んなエリアで釣れてくれたのでエリアは絞りやすかったです(*^_^*)

 

トライブTVでも解説させて頂いてますが、基本はズル引き&ステイ

小野湖はワカサギレイクってことらしいので、横の動きを意識してのサイドストロークでのズル引き~ハンプのショルダーやトップでのステイで食わせるイメージ

周りのレイダウンなどにはギルも居たので沈んだカバーの中に放置でゴン!てのもありました♪

クビレを活かしたスイミングで寄せて、ヒゲを活かしてステイで食わせる

凄くイメージがしやすい形状と、簡単な操作なので、ラインへの集中力も保ちやすかったです(*^_^*)

ストロークで引っ張るとくるくる回ってしまうので、ネコリグはシェイクで使うことが多いですが、フラッシュストレートは回りにくいので簡単ストロークでズル引きです。

 

好みで分かれると思いますが、フラッシュユニオンのマテリアルはダッシュボードチューンで2段階調整

ストロークでズル引く時は純正マテリアルのハリを活かしたウォブルで線と点の釣りで誘ってますが、シェイクでゆっくり誘い続ける円の釣りの場合はダッシュボードチューンを使ってます。

チューニングはマニアックな所になりますが、波動の強さ優先か滑らか優先か調整できるので使い分けてみてくださいね(*^_^*)

 

それと、大事なところで行くとライン!

今回はビッグフィールドのオープンウォーターで雨の濁りもあったので、ある程度動きの強さが欲しいのもあってベイトフィネス!

僕もC馬監督も7lbでの使用で良いサイズがヒットでしたが、ベイトフィネスの太いラインの方がよく動きます。

ラインの太さによっても少し動きの強さに差は出ますので、5.8インチの場合は特にスピニングかベイトフィネスの両方で使ってみてくださいね!

クリアウォーターの場合は、ライトラインで細かく早いピッチの方が良いこともありますよ♪


最新動画です!

ビギナーの方にも!釣りたい時にオススメ!

フラッシュユニオン フラッシュストレートで簡単ネコリグ!


またお時間ある際にでも是非見てください♪

 

真夏のトップウォーターゲーム!

レイドジャパンのツーサイドを使ってオカッパリでポッピンゲーム!