PEラインのアドバンテージ

 改めて、PEラインのメリットについて。

バーサタイルのためのPEではないですよー。

 

こんにちは!

岡山のバスアングラーのニッシーです。

 

朝の数分だけオカッパリにー。

 

最近ボートが多くて、オカッパリの季節感がズレてる気がするので短時間でもフィールドに行ってはみてます。

なかなか短い時間だとデカイの釣れないですけどねw

 

今日もPE使ってのパワースピン

トライブTVでご紹介させて頂いたフルキャッチスピン♪

 

PEスピンでエンジョイフィッシングですが、PEについてや、ベイトだとどうなの?など、ご質問が多いので改めて。

まず、PEラインのメリットとして

「飛距離がでる&強度がある」こと

今回動画で使用しましたのがPE1号

同じ1号の計算でいくとフロロラインが4lbクラスに対してPEなら20lbクラスの強度になります。

フロロより軽いため、飛距離が出せて、その細さでもしっかりと強度が確保できるので、足場の限られるオカッパリで通常届かないポイントまでアプローチも出来るし、4lbなどでは不安になるカバーでも大胆に攻めれるというのがPEスピンのメリット♪

スピニングのメリットは軽いルアーが使いやすい繊細な操作がしやすい

デメリットが、ベイトよりパワーがない太いラインが使えない

通常バスで使うような2500番クラスのスピニングではフロロは5lbより上はライントラブルが多くて使いづらくなりますし、スピニングのメリットである軽いリグを飛ばすのに飛距離がかなり落ちます。

メリットを活かして、デメリットを補うためのPEラインって訳です。

 

「ベイトでPEはどうなんですか?」ってことをよく聞かれるのですが、

個人的にはパンチングやフロッグなどの絶対強度が必要な時はベイトでPE使いますが、あくまで強度というメリットが優先でPEが強いとはいえ、それなりに太くなるので飛距離という点に関しては特別アドバンテージが出ないのが現状。

またベイトの場合は、スプールの糸噛みなどもあり、フロロでゆうと5lbクラスの径より細いものは使いにくくなっちゃいますね。

フルキャッチスピンのなんでも使えるって部分はあくまでスピニングで色々出来るようにするためのPEであって、PEラインがバーサタイルではないので誤解ないようお願いします(*^_^*)

 

それと、

スピニングの食わせ力の高さについて

やはり繊細に食わせるならスピニング!

琵琶湖に行く際は流石にスピニングもフロロで6lb位になります。

ボートでオープンウォーターにぶん投げるのでアキュラシーや飛距離などは特に関係ないので、同じフロロ6lbであればベイトフィネスでも使えるのは使えます。

が、

リールの位置の関係か、ロッドの関係か分からないですが、ベイトフィネスとスピニングでは同じラインを使用しても、圧倒的にスピニングの方が食わせることに関しては優勢になります。

(秋に琵琶湖のにっしーさんにガイドしてもらうとスピニングの恩恵がほんと良く分かりますよー♪スピニング言われてたのにベイトフィネス持ち込んで体験済ですw)

 

 

居るけど食わないってやつも獲るためのスピニングで、通常のスピニングでは攻めれない込み入った場所や、岸から遠く攻めれない場所も獲り逃さない&そういった場所の魚はプレッシャーが薄いので簡単に獲るためのPEライン

MLクラスのパワースピンで合わせることで、繊細なことも出来て、カバーがいけるのにプラスα、対応ウエイトが広くなるのでバーサタイルに使うことも出来ます。

スピニング1本でランガンできる分オカッパリで獲れる魚も多くなるって感じです♪

 

ベイトタックルに気持ちが行きがちなバスフィッシングで、岡山ではPEラインにあまり馴染みがないアングラーさんも多いように感じますが、PEスピンだからこそ獲れる魚も多いですし、

飛ばすというメリットだけでなく、軽くてベイトフィネスでは投げにくいセコリグで大胆にカバーをやるからこそ簡単に釣れるってのがフルキャッチスピン

ビギナーの方にこそ是非試して欲しいタックルセッティングです♪

 


最新動画です!エンジョイフィッシングの味方フルキャッチスピン!

まだの方は是非見てみてください!

チームトライブ他メンバーの動画もあります!チャンネル登録もよろしければお願いします!

下のボタンを押すとチャンネル登録できます!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です