PEラインとフロロ!フィネスの使い分け!


こんにちは。

ニッシーです(^^)

 

自粛していたダウンショット投下で、釣れないモードのホームエリア野池でもイージーな釣果が復活

サイズは選べないけど、改めてダウンショットは釣れるなー♪と。

 

フィールド状況やパターンとは別に、居る魚が食ってきてしまうことが多いので

ダウンショットはちょっと避けてましたが、この感じだとまたセコリグ師にも復活しそうです。

 

食わせの釣りにはやはりフロロラインを使った純正フィネス。

 

フルメタルソニックから、フルキャッチスピンと、結構僕はPEスピンのイメージが強いみたいで、

PEについてフィールドでもよく聞かれるのですが、、、

食わせのPEスピンのフルキャッチスピンを僕なりに改めて、

 

PEラインのメリットは、

軽い&強度がある分細く出来ることによる飛距離!

太い糸が巻けないスピニングでの強度確保!

また低伸度による感度の向上と、フッキング率の向上!

 

フロロラインのメリットは、

根ズレに強いので、ストラクチャーをタイトに攻めれる!

ラインにコシがあるので、ラインスラックを使った操作がしやすい!

 

と、

書いていくと一見PEの方がメリットばかりなように見えますが、

 

フロロラインの適度な低伸度とコシがあるところが食わせる要素を作るので

フィネスといえば、基本的にはフロロライン。

 

感度にしても、ラインを張ってる時の感度はPEの方が上になりますが、張ってない時はフロロの方が感度が上。

 

ラインを張っている状態での感度は、人間によく伝わる=魚にもよく伝わる、なのでPEで食わせるために、

カバーを攻める!

沖を攻める!

といった、プレッシャーが薄い状態にある魚をフィネスで狙って食わせるのがフルキャッチスピン♪

(PEでないとそういったところを狙えないのもありますw)

↑フルキャッチスピン動画

通常のフロロでのフィネスと、フルキャッチスピンと合わせてライトリグに死角無し♪

シャローとカバー、沖とでラインの特性に合わせて使い分けてみてくださいね(*^_^*)

 

ちなみに、PEのロングキャストで掛けていく時はドラグ調整をシッカリと!

スウィープ気味に行ける方であれば、カッチリとドラグ閉めとく方が良いですが、

ガツーンと行く際には少し緩めにドラグ設定しとく方がオススメです。

 

PEラインは0.8号とかでもかなりの強度があるため、フルフッキングで掛けた場合、魚に重量あるとロッドへの負担はかなり大きくなります。

フッキングパワーは落ちますが、スウィープで行かない際は力を少しドラグで逃がしてあげてくださいね(*^_^*)

 


トライブTV!トライブ発信の釣り動画です!

簡単に釣れるネコリグ!フラッシュストレート!

 

沖をロングキャストで!カバーもパワーフィネスで!

食わせのPEスピン!全部の魚を狙うためのフルキャッチスピン!

またお時間ある際にでも見てみてください(*^_^*)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です