パワー系も含めて!スピニングタックルの細分化!


こんにちは。

ニッシーです。

 

いよいよ3月に入りましたねー!

3月に入ったからといってバンバン釣れるかと言われるとそうでもないのですが気分は全然違いますねw

来週はキープキャストとイベントも楽しみですが、キープキャスト後からはいざ釣り場!になりそうですね(*^_^*)

フィッシングショーもあったりでなんだか2月はあっというまに過ぎましたが、遠征釣行も岡山も例年通り基本はデッドスロー頼みでしたが、

今年はアタリのフィールドがあったので場所パワー頼みで釣らせてもらった感じも、、、w

 

「居る魚をいかに釣るか」の勝負だったのでタックルセッティングに関しても新しい武器が見つかりました♪

早いアングラーさんでは既に取り入れて行かれてるパワーフィネスやパワースピン。

今回プロトアイテムも相まって2月も活躍♪

やはり「食わせる」となるとカバーを利用するのが一番で対カバーを食わせるためのスピニングで安心して勝負するにはPEラインを使ったパワーフィネス

 

 

ちなみに、カバーでのフィネスだと既存のベイトフィネスとの住み分けが不明確なのもあり結構仲間内でも、導入する、しない、よく盛り上がる話題ですがw

 

個人的にはどちらかではなくオカッパリにおいても両方オススメ。

 

最近よく聞かれるのであくまで個人的な見解ですが、、、

ベイトフィネスの出番は減ってきてはいますが、やはりショートピッチでのアプローチの正確さや手返しではベイトフィネス。

ベイトフィネスタックルは一見専用機に見えがちですが、最近はM~MHでもちょっとしたベイトフィネスが出来るロッドが増えて来てるおかげで懐の深いタックルが多く、本格的なベイトフィネスよりもタックル性能で臨時に賄う使い方が増えてきてますが、外すことは出来ないモノではあります。

 

10lb~14lbなども使いやすくなってるので太糸での使用が主流になってきてますね。

昨年はベイトフィネスの葦撃ちでロクマル仕留めましたが、力技主体で寄せれてネットランディングが手間取りそうな所に関してはベイトフィネスって選択。

ちなみに春の五三川の撮影の際もダイレクションジグの足元カバー撃ちではぶち抜きスタイルでしたがここは完全にベイトフィネス有利な状況でした♪

 

対して、

ひつこく誘ったり、周辺までキッチリとやるのであればスピニング。

 

シャローでのドデカイ見えバスに対して、掛けてから後のことを考えてのパワースピンも出番は多め。

スピニングでカバーとなるとPE直結かPE+フロロリーダーが主流ですが最近ではフロロ+フロロリーダーなんてセッティングも。

メインをフロロ6lbで、リーダーをフロロ8lbなどでやることでロック周りなど擦られて切られる心配を下げつつも飛距離や感度は下げずにすむし、ワーミングの釣りではフロロにしか出せないラインテンションをぼやかした感じ+ラインが沈むのが必要なことも多いです。

北湖ではよくつかうみたいですが、これは岡山でも使う機会が増えそうですね!

 

あとはエステル配合の高比重PEなんて選択肢もありますが、これはまだお試し中。

 

パワースピンやらパワーフィネスやら呼び名はいろいろありますが、フルメタのように広く釣るPEスピンはだんだんと定番になって来てますが、最近は吊るし技が好岡山でも好調なように攻めるに特化したスピニングもより細分化していく流れにはなりそうですね!

シンプルに釣れるし、攻めることでデカいやつも狙えますからね♪

ちなみに昨年の岡山の野池でのマックスサイズはダイレクションジグにチビアバカスのパワーフィネスでしたよ♪

※PEラインを使う時は是非パワー的に、もしくはテーパーに余裕のあるロッドを使ってくださいね。早いテーパーで専用でないものだとまあまあな頻度で折れますwww


トライブ発信の釣り動画です。

★トライブTV★

冬のALL OR NOTHING!


フラッシュユニオンチャンネルでの僕の動画です。

またお時間ある際にでもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です