マイクロスピナーベイト!バイブス発売になりました!


こんにちは。

ニッシーです。

 

先日に琵琶湖釣行でも活躍した新発売となるマイクロスピナーベイトの「バイブス」

いよいよ発売となりますが、実物、、、かなり小さいです!

 

パッと見の小ささから反則級の数釣りルアーに見えますが、、、

実際その用途でもしっかりと伝わってくる振動の使い勝手から皆さんの想像を超えてくると思いますw

 

っと、

まあどうしても大きさに注目が行きがちですが、コンセプトは攻撃的スピナーベイト!

スピナーベイトには魚にスイッチを入れる力や、スピーディーな展開、根掛かりの少なさなどスピナーベイトにしかない良さが沢山あるルアーです。

通常は割とルアー自体にパワーがあって、魚からルアーへ行くようなアプローチが主体で、広いスポットや大きなカバーから魚を呼んでくる用途で、パワーが故に狭いスポットでルアーを魚へ近づけていくと嫌がれることもありましたが、バイブスは小型化によるサイズ感と軽さで狭いスポットでもタイトにアプローチしていけるようになりました!

ある程度狭いスポットに絞り込めた時はライトリグで魚を釣っていくことが一般的ですが、プレッシャーの掛かったフィールドや天気によってはイマイチ魚のスイッチが入らないこともありますし、一つのストレッチでコンタクトポイントがずっと続く場合はライトリグだとテンポが悪い際などがバイブスの出番ですね♪

ボートで使う際にはディープ攻略も出来る仕様になってますが、オカッパリの場合は「釣れる時間と釣れる魚」これをスピナーベイトらしい波動とテンポの速さで釣ってくのがオススメ!

小さくなってもスピナーベイトの良さを失わないように、ボディのわりには大きなコロラドブレードでアピールして、クイックロータリーシステムという瞬時にブレードが回る機構から狭いスポットでもスイッチを入れて行けるようになってます。

また、ブレードが瞬時に回ることでフォール中も回ってアピール&ゆっくり落ちてくれるので、カバーに撃ちこんだ際などにラインメンディングやスピニング仕様など一瞬の巻き始めのズレが起きる際もスーパーシャローで根掛かりやゴミを拾うことを防いでくれるのでテンポよく行けますね!

今年の早春では、一度岸にキャストで乗せて、超シャローを一瞬で食わせるという、バイブスのレスポンスと小ささだからこそ出来る釣り方もありました(*^_^*)

 

参考までにですが、

 

カバーに撃ちこんで巻いてくる、、、足元のリップラップにエサを探して回遊してる魚のインサイド側をトレースする、、、最後は右手から足元カバーに回って来て魚をサイトで仕留める、、、

ビッグレイクの琵琶湖での使用ですが、バイブスのコンパクトさが活躍です(*^_^*)

通常はベイトフィネスやライトプラグのタックルでやってもらうと良いと思いますが、ロングキャスト使用や、琵琶湖など魚が大きい場合はドラグを使えるパワースピンもいけるようになってますよ!

時合いをパターンでハメやすいルアーで、厳しい時間帯は数釣りもできるので是非お試しください(*^_^*)


トライブ発信の釣り動画です。

★トライブTV★

フルレンジスイムベイト!ユニオンスイマー!


フラッシュユニオンチャンネルでの僕の動画です。

またお時間ある際にでもよろしくお願いします!;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です