冬のダウンショットに合わせて、ワームも冬仕様!


こんにちは。

ニッシーです。

 

冬の釣りで活躍するド定番であるダウンショット♪

溜まっている魚を食わせて行くのも、ちょっとしたフィーディングに入るシャローの魚を狙うにも便利です。

 

特に一昨年からフルメタルソニックが冬の圧倒的なルアーなので使う時間がかなり長いですが、視覚のリアクションが効きにくいような冬でも濁りっぽいフィールドでは、移動距離を抑えたワームでの連続波動の方が有利になってくることも感じます♪

 

そんな時にはやはりアバカスシャッド2.8!

波動で食わせるので、各パーツが複合波動をだすアバカスは冬でもアドバンテージを持ってます。

純正でももちろん優秀なフィネスワームですが、結構チューニングも効くので、フィールドや状況に合わせて、1つあると広く対応してくれます!

 

魚が動けるタイミングでは数釣りもできます。

 

コバスの動きが鈍くなってきたので、フィネスでサイズも狙いやすいですね♪

 

そんなアバカスシャッド2.8

ハイシーズンはハイシーズンでダイレクションジグと合わせて圧倒的な釣れっぷりのルアー

ハイシーズンはパーツの複合波動に、ワイドリブとテールのキレのあるピッチが魚を寄せて、食わせるのと、カバーにどんどん入れても壊れないマテリアルが素晴らしい。

 

冬シーズンの、スローに、こちらからアプローチを掛けて行く場合は軽いシンカーに、ラインテンションもかなり緩く動かしていくので、連続波動を出すには少し柔らかさが欲しい時もあります。

 

またアバカスシャッドで少しバルキーに感じるときに良く使うのが

レッグワーム2.5

こちらも同様に、ハイシーズンは軽いと動かないものが、1.8g~くらいシンカーで激しく動くのと、止まる、動くの感じが魚のスイッチを入れるのですが、軽いシンカーでシェイクの連続波動を出したい時にはアバカス同様に硬いので柔らかくして冬は使ってます。

 

ダッシュボードチューンで柔らかく出来ない冬は、とりあえず茹でる派

カップラーメンと一緒で、熱湯入れて3分www

レッグワームはすぐ柔らかくなるのと、あまり塩を失うと美味しくなくなるので1分くらいでしょうか、、、ゲーリーはカラーによって違うので目安ですw

 

「小さくても強い」が本来どちらもお気に入りのルアーですが、冬は強さを少し殺したとしても、波動を出し続けるほうにチューニング

茹でた後に水気を取って、熱を冷ます時にテールのクセも一緒にとります♪

この時にテールだけでなく、ヒゲも直しとくと、そこをギルがつつくので、ベイトのポジションが掴みやすいのと、ギルバイトも常にあるわけではないのですが、時合いに入ると沢山出るのでタイミングを計ることも出来ます(^_^)

※強度は確実に落ちます。冬に貴重な1匹獲るためなので、1匹1個無くなる覚悟でw

ワームがロッドでいうとレギュラーテーパーからファーストテーパーに変わるのが個人的な目安

マス針使用やオフセットの使用でもその辺りは変わりますが、アバカスの場合はパーツの動きを弱いラインアクションでも出やすくなります♪

長時間ボトムで誘って焦らしまくる&見切られにくいように動きでぼやかしたい時に。

 

リズムよく釣ってく時には硬い方が動きにキレ出るので適材適所でチューニングしてくださいね♪

 

水温が7度切るまでは、シャッドテールのダウンショットを線で使ってくことでモノに着いてる魚だけでなく、地形の釣りもできるのでコンディションの良い魚が狙いやすくなりますね!

 

シェイクの早さなどをよく聞かれることが多いですが、早さよりも一定なのが大事で、ワームやロッドのテーパーによってもシェイク幅とスピードは変わってくるので、バイトの少ない冬にこそこういった釣りを練習すると良いと思いますよ♪

 

念のため、、、冬のダウンショット!

ラインは100%フロロw あと個人的にノットはパロマでw

釣れだすと、レンジ合わせにリーダー調整したりしますが、違いが見極めれるほどこれからはそんなにバイト連発しないので、岡山で使う時、僕はリーダーは15cmから20cmくらいの適当ですw


トライブTV!トライブ発信の釣り動画です!

倉敷川でのオカッパリです!

 

低水温期からのエンジョイフィッシング!

オカッパリでのフルメタルソニック!

またお時間ある際にでも見てみてください(*^_^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です