ブログ

☆カバーの釣りにはダイレクションジグ☆

こんばんわ^^

 

YASUです♪

 

昨日は先日、導入したGoProの調整とNEW偏光グラスの見え方をチェックしにボート釣行に行ってきました^^

 

まずはGoProを、

ボートのシールドに着けて釣りをしたりボートで走ってみたりして♪

 

どんな風に撮れるのかをチェックしていたのですが。。

 

スイッチを入れて動画を撮っていると17分ぐらいで自動で撮影が停止されてる。。

 

そうゆう設定なのか? まだまだ使いこなしてみないとわからないですねw

 

またうまく撮れたら、編集して動画をUPしますので是非見て下さいね^^

 

釣果の方は、見えバスを中心にバスを狙っていき、

40cm無いぐらいのサイズがポロポロ釣れました^^

 

釣り方としては岸際の木で、できたシェード(日陰)にバスが多く見えたので、

ダイレクションジグ3.5gにアバカスシャッド2.8のセットを上の木にラインを引っ掛けて水面ギリギリで、

虫が水面に落ちたのをイメージしながら細かく震えるようにアクションすると、あっさりパクっと口を使ってくれました^^

 

ジグの低重心化を実現したデルタキーパーが、カバーに挟まりにくい小さなヘッドでも常に姿勢を制御。フックポイントが常に上を向くことで、驚くほどのスリ抜けを可能に。根掛かりを激減し、ブッシュやストラクチャーをよりタイトに攻めることができます。さらに、フックには業界初のノガレス製「アンチラスト×ゼロフリクション」高強度フックを採用。ケタ違いのフッキングレスポンスを実現するとともに、スムーズなフッキング性能を長期間維持できます。全てのユーザーを唸らせる、スモールジグの誕生です。


カバーに絡んだスモラバでの釣りに僕は、フラッシュユニオンから発売されているダイレクションジグを使う事が多く、

選んだ理由として本当に根がかりがしにくくフッキングもいいので好んで使っています♪

 

引っかからない秘密としてはワームのズレ止め部分が三角形になっていて、

重心が下にくるためフックが常に上を向く設計になっているので、致命的な根がかりが、

かなり少なく、スモラバの釣りでは大事な『ある程度スタックして外れる』そんなスモラバになっています^^

 

そしてトレーラーのアバカスシャッド2.8インチ!

引き始めに水を素速く引っ掛けるスティンガータイプのシャッドテール形状により、デッドスローでのテールの動き出しを可能にします。高速リトリーブ時には、テールが反り上がり、上部のステップダウン形状により、ダウンフォースを発生。ボディの傾きを抑制し、安定したアクションを維持します。さらにディープリブボディとの相乗効果で生物のような複雑な動きを可能にします。


シェイクでもしっかり全体で動いてくれて、横の動きではしっかり水を受けシャッドテールが動くので、

小さいサイズですがしっかりバスにアピールできてバスを呼ぶ事の出来るワームになっています^^

 

小魚にもなりエビにもなると万能な、アバカスシャッドですが、

今回の様に水面で使えば。。。。

 

ムシにもなります!

 

ですので、アバカスシャッドは使える場面が、本当に多いので、

季節を選ばず良く釣れるワームになっているので、是非試してみて下さいね^^

 

もちろんTRIBEにもダイレクションジグやアバカスシャッドは置いてますので、

是非、手に取って見て下さいね♪


supported by

TRIBE 

Fishing Gear & Tackle TRIBE

TRIBE ブログ

Tel:086-259-5945  FAX:086-259-5945  Maile:nfo@fishing-tribe.jp

営業時間 月曜日~日曜日   12:00~23:00

住所 岡山県岡山市北区白石西新町9-103-106


HIDEUPの松本泰明BLOGも読んでくださいね!!

http://www.hideup.jp/blogs/matsumoto/index.php

 

HIDEUP WEB SITE

http://www.hideup.jp/index.php


16d863ef35631ab281b2574921cd8f29

OFFICIAL HOME PAGE↓

THE BACK WATER

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,043人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る