ブログ

☆ウィップクローラーフックセッティング☆

おはようございます^^

 

YASUです♪

 

 

今日は先日にも少し紹介させてもらった、

WHIPCRAWLER

WHIPCRAWLER/RAID JAPAN

について書かせてもらおうと思います♪


RAID JAPAN初となるストレートワーム『WHIP CRAWLER』に求めたものは、あらゆるリグに対応するオールマイティー性能。
ストレートワームの命とも言える「素材の張り」を殺す事なく、「硬過ぎず柔らか過ぎない」、「太すぎず細すぎない」、「重過ぎず軽過ぎない」ベストなバランスを導き出し、使用するリグや釣り場の状況さえも選ばない徹底したオールマイティー性能が持ち味です。

また、WHIP CRAWLERは部位ごとに異なる断面形状によって構成しています。
フックをセットする部分のみを三角形断面、その他の部分は限りなく真円に近い三角形断面にする事で、外観の無機質な印象を排除しつつアクションレスポンスを向上。フックをセットする面を任意に選択することで、性格の異なる2WAYのアクションを意図的に生み出すことができます。
RJマークのあるフラットな面にフックをセットすれば、水をしっかりと掴みスイミング時に大きくボディーを揺らすダイナミックなウォブリングアクションを発生。

マッディなフィールドや、アピール力を高めたい場合にベストなセッティングです。フラット面が水を受ける抵抗感によってワームの移動距離を抑えるため、魚の低活性時などに特に効果を発揮します。
また、縦の溝が入った三角形の頂点をまたぐ様にフックをセットすれば、水を切りながらハイピッチスイムするタイトロールアクションを発生。
水質がクリアなフィールドや、スレ切った魚をサイトフィッシングで狙うような場合に、控えめなアクションでバイトに持ち込むことができるセッティングです。
このようにウィップクロウラーは、魚の活性や様々なフィールドコンディションに合わせて、1本のボディで的確にアジャストできる懐の深さを持ったストレートワームに仕上がっています。

またウィップクロウラーは、頭部とテール部で異なるピッチのリブを採用。さらに、アクションの支点になる部分のリブには深く溝を切っています。これらの効果によって、ワッキースタイルで使用する際には、着水直後からクネクネと自発的に動き出し、サスペンドする魚に効果的なフォールアクションをオートマチックに生み出します。

ネコリグ、ジグヘッドワッキーリグ、ノーシンカーワッキーリグ、ワッキースタイルのダウンショットリグなど…様々なリグに高次元対応。使用するシンカーのウエイト次第ではベイトフィネスタックルにも絶妙なサイズ感・使用感で対応する、極めて高い汎用性を持ったストレートワームです。


以前のブログでも書かせていただいたように、

ウィップクローラーシリーズは投げて沈めるだけでも自発的にアクションを起こすので、どちらかと言うとオートマチックなワームですが、

釣り人側が動かしても艶めかしいアクションを起こす事ができ、しっかり釣れるワームになっています♪

 

そんなウィップクローラーで店頭でもよく質問していただける事は、

フックの刺し方やどこに刺すのがいいのか!?と言う内容を良く質問していただけるので、

フックのセッティング方法を紹介させてもらおうと思います^^

フックを刺す部分は2か所あり、このフックを刺す部分をハチ巻きと言い、

ウィップクローラーにはハチマキの部分が2か所あり頭側の赤い丸の方と尻尾側の青い丸の方で使うリグによって刺す部分を使い分けます!

 

頭側の赤い丸のハチマキに刺す場合は、ネコリグに最適になっています!

レイドジャパンのマークの部分のセンターにフックを刺してもらえば基本的には大丈夫です♪

変則的なセット方法は、ハチマキの少しテール側に刺してやるとゆっくり誘う事ができたり、

ハチマキの頭側に刺してやると早いアクションで誘う時などに有効になります^^

 

またもう1つの青いハチマキの部分に最適なのは、インチワッキーリグセッティングが最適です!

ノーシンカーワッキーはもちろん!

ジグヘッドワッキーもこのハチマキに刺してやればOKですね♪

 

またウィップクローラーのハチマキの部分は横から見ると三角形になっていて、

レイドマークの方を上にするとこちらが面になるので、水を受けてしっかり自発的な動きや水を押したい時には、

この面を上に刺してもらえば良いと思います!

 

またレイドマークの裏側を上にすると三角形のとんがった方になり、

とんがった方を上にセットすると水を切り細かいピッチで自発的な動きをするようになります!

 

ですので、アピールさせたい時はレイドマークを上に!

少し控えめに動かしたい時はとんがり面を上に!

 

少しわかりにくいという方は、是非店頭に来ていただけたら詳しく説明させていただきます^^

セッティングだけしっかりしてもらえば、良く釣れるワームなので是非試してみて下さいね^^

 


supported by

TRIBE 

Fishing Gear & Tackle TRIBE

TRIBE ブログ

Tel:086-259-5945  FAX:086-259-5945  Maile:nfo@fishing-tribe.jp

営業時間 月曜日~日曜日   12:00~23:00

住所 岡山県岡山市北区白石西新町9-103-106


HIDEUPの松本泰明BLOGも読んでくださいね!!

http://www.hideup.jp/blogs/matsumoto/index.php

 

HIDEUP WEB SITE

http://www.hideup.jp/index.php


16d863ef35631ab281b2574921cd8f29

OFFICIAL HOME PAGE↓

THE BACK WATER

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,043人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る