働かざる者たちの見逃し動画を1話から無料視聴する方法【最新話まで】 | 無料動画1917

Contents

  • 1 働かざる者たちの動画を無料視聴する方法
  • 2 働かざる者たちの内容
  • 3 働かざる者たちの感想

「働かざる者たち」

動画配信サービス「Paravi」

第1話から最新話まで全話配信中です

今すぐ無料おためし

「Paravi」2週間無料です

無料期間中に解約すれば違約金もなく、ボタン一つで簡単に解約できます

<Paraviのおすすめポイント>   ・TBS系列の人気ドラマやテレビ東京系列の人気ドラマが見放題 ・最新の連続ドラマやバラエティ番組も見逃し配信 ・アニメ、海外ドラマなどParavi独占でラインナップ!話題の新作映画も ・スマホのアプリでは動画のダウンロードも可能

スマートフォンパソコンは もちろんテレビでも楽しむこともできます

・無料期間後は、月々1017円(税込)で継続できる  

<Paraviユーザーの声>

20代女性

下町ロケットが見たくて、登録したところ、登録後すぐに動画を見れて便利だなって感じた!スマホのアプリで見れるし、すぐ見れるところがとにかくお手軽。他の動画配信サービスでは配信されていないTBSやテレビ東京の独占ドラマがあり、ドラマ好きには必須の動画配信サービスだと思う。また、水曜日のダウンタウンなどのバラエティ番組も充実してるから、自宅で退屈なときに重宝してる♪

■第1話から最新話までフル動画の視聴方法■

Paravi

■動画共有サイトを検索■

YouTube

 

動画共有サイトはフルの動画でなく低品質であることが多いです。また、スマホやパソコンがウイルスに感染することもあるので、公式の動画配信サービスを利用するおとをおすすめいたします。視聴する場合は、自己責任で視聴してみてください。
<見逃し動画>最終回(第6話)   Tverでの無料配信は終了しました  

仕事のミスで怒鳴られ、叱責され、そして土下座させられる橋田一(濱田岳)。「もう、どうでもいい」と思っていた。原因は一カ月前、橋田が所属するシステム部が赤字切り捨てのため、子会社化されたことにあった。すっかり気力を失った橋田の前に現れたのは販売一部部長・風間敦(柳沢慎吾)。彼は仕事してる感を出しているだけで実際は何もしていない、働かずして成り上がった最強の働かざる者だった!何故か橋田を気に入り可愛がる風間。そして橋田も風間に傾倒していく。だが、風間が橋田に近づくには訳があった…。風間が隠し持つ恐ろしい裏の顔と、切ない過去とは一体…!?  

<出典>働かざる者たち公式

違法献金疑惑 政治部のエース・新田啓太は、部長の河田誠一郎に食って掛かる。新田が苦労して手に入れたスクープ、大物政治家・大沼議員の違法献金疑惑の掲載を見送られてしまったからだ。   河田は、上層部と検討した結果だと、聞く耳を持たない。真実をいち早く読者に届けることをモットーに働いてきた新田は、これには納得がいかない。   ここへ来て、それを否定されてしまい、絶望する新田。同期の橋田一が、思いつきで励まそうとするが、これは逆に油に火を注ぐ形になってしまう。   そのころ、社内では技術局長・多野によって「未来キャリア部」という、新しい部署ができるという噂があった。   この部署は、各部署の「働かざる者たち」を集めた、掃き溜めになるという。   そんなとき、技術局の「給料泥棒」こと八木沼豊から、こんな話を聞く。どうも、最近、河田は政治家と一緒に高級クラブに出入りしているらしい。   それを、たまたま耳にした橋田。橋田は、自分がなぜそうするのかも分からずに、人事部の川江菜々に連絡を入れる。   そして、河田の提出した領収書のなかに、高級クラブのものがないか、探してほしいと頼み込む。   川江は、その頼みを無碍にも出来ず、同期に経理部がいるから訊いてみると、意外にも協力的な返事をするのだった。    

システム屋

そんなとき、橋田は、社内でばったり校閲部の三木に出会う。彼は「働かざる者たち」の一人で、通称「ウィキさん」。   三木は、ウィキペディアで見つけたと言い、大沼議員のページを印刷して持ってくる。よく見ると、それには印がつけてあり、大沼と若村議員の繋がりがあることがわかる。   若村議員といえば、以前地方に左遷された堀という記者を思い出す橋田。   橋田は、事情を話し、とにかく新田のために何かできないか、若村から大沼の情報を引き出してほしいと、堀に懇願する。   そうこうしていると、川江がやって来る。手に入れた経費の申請書にそれらしいものは、なかったという川江。   そして、「未来キャリア部」に異動が決定した八木沼。その八木沼に橋田が相談する。   すると、八木沼は「システム屋」の腕の見せ所だというアドバイスをくれ、ハッパをかけられる。   それは、明らかにコンプライアンス違反だった。しかし、正義のために橋田は、本来、閲覧権限のない河田のメールデータのなかに、大沼の不思議な言葉を使ったやり取りを発見する。   さらに、そのメールの内容は、局長にまで同報送信されており、明らかに毎産新聞の上層部と大沼との癒着を証明するものだった。    

正解なんてない

誰もいない会議室に、橋田と新田は、河田を呼び出す。そして、動かぬ証拠を突きつける。   しかし、河田は、それがどうしたと開き直る。これを公にしたところで、新田の記者人生も終わりだと、逆に脅しをかけてくる。   すると、そこへ八木沼と三木が現れ、「伝説の94年組」の河田は、そんな卑怯な真似はしないと揃って呟く。   ちょうどそのとき、堀から連絡があり、若村からの情報によると、大沼はもはや違法献金どころではないらしい。   八方塞がりになった河田に、新田がとどめを刺す。記者としての信念を教えてくれたのはあなたですと。   そこから、何がどうなったかは分からない。とにかく、翌日の朝刊の一面トップは、新田の記事が掲載された。   その後、河田は異動を命じられた。そして、河田の代わりに編集局長になった多野は、「デジタルメディア事業部」を起ち上げる。   この人事で「未来キャリア部」の話はあやふやになり、自然消滅する。働き方を考えることは、生き方を考えること。そして、きっとそこに正解はない。   そう考えた橋田は、「デジタルメディア事業部」への異動を機に、川江にいう。自分は、選ばないことを選んだのだと。   5年後、橋田は、忙しく働いていた。ちょうどそのころ、コンビニでは「ケツ太郎」の漫画本を見て、一人のサラリーマンに笑顔と勇気を与えていた。 「働き方改革」ということが言われ始めてしばらく経つが、何が一体変わったのだろう。残業を減らして、有給取得しやすくして、生産性を高めると、簡単に言う事はできる。   でも、実際は、このドラマ『働かざる者たち』で描かれたように、繁忙期に定時で帰ったり、有給休暇申請をすれば白い目で見られるような職場は、なくなってはいないのではないか。   さらに、現在、世界はコロナ禍の真っ只中で、働き方という点では、在宅ワーク・テレワークなどが当たり前になってきている。   橋田は、様々な働かざる者たちと触れ、最終的にこう結論づける。働き方や生き方に、正解はないと。   みんなそれぞれの価値観も違えば、生活環境も違うのは、当たり前。それをお互いに認めた上で、幸せになるための働き方を選ぶというのが、大切なことではないか。   終わりの数分は、それをよく表現していたと思う。いつも3人でいつもの居酒屋に来ていたのに、そこに橋田はいなかった。   そして、ラストのシーンでは、転職したのだろうか、でも活き活きと走って現場に向かう橋田の姿が映る。さらに、橋田の描いた「ケツ太郎」は書籍化されコンビニに並んでいた。   これは、「選ばないことを選び」、自由な生き方のなかで生まれたひとつの結果であったのだと思う。 <見逃し動画>第5話   Tverでの無料配信は終了しました  

仕事のミスで怒鳴られ、叱責され、そして土下座させられる橋田一(濱田岳)。「もう、どうでもいい」と思っていた。原因は一カ月前、橋田が所属するシステム部が赤字切り捨てのため、子会社化されたことにあった。すっかり気力を失った橋田の前に現れたのは販売一部部長・風間敦(柳沢慎吾)。彼は仕事してる感を出しているだけで実際は何もしていない、働かずして成り上がった最強の働かざる者だった!何故か橋田を気に入り可愛がる風間。そして橋田も風間に傾倒していく。だが、風間が橋田に近づくには訳があった…。風間が隠し持つ恐ろしい裏の顔と、切ない過去とは一体…!?  

<出典>働かざる者たち公式

ブレブレ

Copied title and URL