カバー攻略にこれ!究極のナチュラル微波動。 | Fishing Gear & Tackle TRIBE

今週のはじめには、一週間雨の予報でしたが前半は雨はぱらつくものの

大体は晴れているようですが皆さんは釣に行かれているのでしょうか?

何人かに聞いた話だと、釣果は低気圧パワーで上がっているように聞いていますが

皆さんいかがでしょうか?

是非、良かったらお話し聞かせてくださいね!!

といっても多少なりとも雨が降っているのも事実で濁りが入るとやはりバスはカバーに

よることでしょう!!

ですのでこちらのワームをご紹介したいと思います!

千葉県・亀山ダムのスーパーロコアングラーの川島勉さんがプロデゥースしたこちらのワーム!

他の人がさんざん撃った後でもバスを反応させてしまうワームとして世に送り出されました。

ボディー部分の左右についている合計8個のアームはボディーの頭から見て逆方向に付いているため

フォール時に水を受けてバイブレーションしながらボディーにロールのアクションを加えます。

それでいて、カバーにはスルリと入ってくれるスリムなさいずなのでカバーの中に簡単に

入ってくれるのにバスを寄せる力はとても強いんですね!!!

濁りがはいってくると・・・

やはり、雨が降ると視界も悪くなりまた、水中の酸素有残量もすくなくなるので

何かに身を寄せていられるウッドカバーや酸素を多くキープできるウィードなどにいる可能性は高く

また、バス自体あまり動きたくない場合は、なるべくバスの近くにリグを送り込みたいため

テキサスリグで撃って行くとこのワームのシルエットと相まって細かく探っていくことが可能なのではないでしょうか?

川島勉によるシザーコームの解説動画

このワームをプロデュースした川島勉による解説です。是非みてください!

TRIBEにもおいていますので是非見にきてくださいね!!

ハイドアップのHUクランクの新色、たまらんばいブルーを含む何色かを入荷しております!

人気のカラーはすぐに売り切れる可能性がありますので早めに来店いただくとカラーが選べると思います。

是非、ご来店お待ちしております!

最後にTRIBE公式LINEアカウントのフォロアーを募集しています!

↑のボタンから登録してください!LINE会員限定のクーポンなどをメッセージで送信いたします。

pickupTRIBEジャッカルバス釣りルアー岡山釣具

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

最新記事をお届けします。

Copied title and URL