ラバーとワームの力を120%生かすNEWアイテム♪

おはようございます♪

先週も猛暑でしたが、もちろんバスフィッシングに行ってきました。

今回は野池!

野池の状況はというと、猛暑による減水でインレットも枯れて水質が悪化していました。

水質はドチャ濁りで水面に泡も残るようなイメージです。

こういうコンディションでは、水を掻き回すアクションの出来る巻物ルアーが効率的ですね♪

そこで今回活躍してくれたNEWアイテムがOSP BLADE JIG SPEC2です♪

カラーは、濁りが強いので、派手なカラーのサンセットレッドをチョイスしてみました。

トレーラーワームにはコンパクトで更にしっかり水を掴んで掻き回すアクションの出せる

ドライブシャッド3.5インチ、カラーはシナモンブルーフレークです。

BLADE JIGシリーズを解りやすく解説すると、透明なブレードが装着されていて

そのブレードがしっかりと水を掻き回しつつ、ラバーとワームにまでその振動が伝わり

アピールしてくれます。

そしてブレードが透明だからこそ、他の金属性ブレードの装着されている

チャターベイトとは違いフラッシングを抑えて、アピールする事が可能です。

濁りの中でブレードの存在感は無くせる、消せるのは一つのメリットだと思いませんか?

更にフラッシングをあえてさせずに、ラバーとワームの力を120%発揮させつつ振動し

アピールする事になるので、タフなコンディションに特に強く、色々なタイミングで

使えるのも魅力的でオススメです。

今回はタイトなアクションのBLADEJIG SPEC2を使用しスローリトリーブで

アプローチしていきました。

野池の地形を把握した後、シェードと日向の境目で沖まで張り出した岬にアプローチ。

一度ボトムまで沈めた後ゆっくりリトリーブ、ボトムからルアーを持ち上げていくイメージで

巻いてくると47cmと40アップのNiceバスが連発で応えてくれました。

猛暑で熱い日中、バスはシェードと日向の境目を行ったり来たりしながらボトムでも無く

表層でも無く、水深1.5mから水深2.5mにポカンと浮いてるようなイメージで

その水深をキープしやすい巻物がより効率的な状況でした。

皆さんもこの夏、ラバーとワームの力を120%生かすNEWアイテムを試してみて下さい!

今日もチョッパーの独り言でした!

関連

Copied title and URL