冬のNEWメソッド♪『カーリーの重ネコ』 | Believe My Game

岡山バス釣りアングラーのチョッパーこと杉元雄一です!

おはようございます!

先日、冬のNEWメソッドを体感し、妄想が確信へと変わりましたので、本当は秘密にしたいですが!紹介させて頂きます。

それはドライブカーリーを使ったネコリグ、あえて重いシンカーを装着したセッティング!

略して『カーリーの重ネコ』です。

まず、今回バスが応えてくれたセッティングを紹介します!シンカーは重めの2.6グラムのネイルシンカーを挿し込み、ワームのハチマキになる最初の所に、G7のワームプロテクトチューブを装着。モスキートヘビーガードの0番をワームプロテクトチューブに通して、やや針がワーム全体の頭寄りになるようにセッティング。

何故、頭寄りに針をセッティングするかと言うと、ハードボトムのエリアにあるゴロゴロした石や岩などから、『頭を隠して尻隠さずの状態』にしたかったからです。

シンカーの付いている頭の部分は石に隠しておいて♪お尻になるカーリーテールだけは、ハードボトムになる石や岩から隠れてない状態でチラリズム的にアピールしてもらうイメージ。

釣行の結果からすると、最近の冷え込みにより越冬場周辺のエリアでバスが少し深いレンジのハードボトムにロックしているような印象。

そのハードボトムの中でも、バスがフィーディングしやすい張り出したスポットをメインに『カーリーの重ネコ』をずる引きでアプローチ。

《ドライブカーリーは扁平な張りのあるボディなので、ネコリグにした時に水を強く押すので事が出来る分、アングラー側が今何をしてるか解りやすいのも特徴で、ずる引きだけでもカーリーテールが充分アピールしてくれます!》

今回ずる引きをメインにした理由はガチガチのハードボトムを丁寧にアプローチする為の最終手段で、狙いは石や岩に『カーリーの重ネコ』が引っ掛かる、もしくは半分引っ掛かる、さらにはマジで根掛かりするのが重要でした♡

そしてこの状態からラインスラックを使ったり、竿を揺すったり、自分のポジションを変えながらこの根掛かり状態を外す事『ハングオフ』する事により、一瞬リアクションも入る事でよりバスのスイッチを入れてくれるイメージ♪

根掛かりする所は釣れる、釣り人あるある炸裂です。

そしてハングオフしてからはフォールさせ、直ぐに回収せず若干のポーズ、放置しておくのも喰わせるのに大切なキーワードの一つですね。

上記の釣り方をひたすら繰返し、『カーリーの重ネコ』のお陰で3匹のNicefishが応えてくれました。

寒くなってきている途中の今のフィールドコンディションはバスを釣るのが難しいタイミングです。

これからの冬に向けて、NEWメソッドの『カーリーの重ネコ』皆さんもその威力を体感してみて下さい。

今日もチョッパーの独り言でした。

TRIBE TVでCHOPPERの最新動画が更新です!

秋の減水野池をオカッパリで巻物攻略!

お時間ある時にでも、是非ご覧ください(^o^)

TRIBE TVのチャンネル登録してくれませんか?

下のボタンを押すとチャンネル登録できます!!よろしくお願い致します!!

Fishing Gear & Tackle TRIBE

Web:http://fishing-tribe.jp/blog

Tel:086-259-5945

岡山県岡山市北区白石西新町9-103-106

関連

Copied title and URL