VARUNAにチャレンジ! | Believe My Game

岡山バス釣りアングラーのチョッパーこと杉元雄一です!

おはようございます!

今日はVARUNAについて解説します。

まずVARUNAには種類があり、フローティングモデルとサスペンドモデル、更にはスペック2と言われるスローフローティングモデルがあります。

真冬になると水温も低下し、バスも長い距離を追いかけて餌を補食しない傾向になる為、止めるアプローチをする事が出来る!サスペンドモデルが有効になります。

またスペック2になるスローフローティングモデルに、板オモリを付ける事によりサスペンドチューンすることも有効になる訳です。先日バスをキャッチしたのはVARUNAのアゴに板オモリを付けたこのサスペンドチューンです。

上記2つの使い分けですが、サスペンドモデルはラトル音があり、スペック2はラトル音が無いサイレント仕様になります。

音の使い分けも、バスにスイッチをいれるキッカケになりますのでチャレンジしてみて下さい。

またどれぐらいの水深でアプローチするの?と言われると意外に知らない人も多いのではないでしょうか?

ラインのポンド数にもよりますが、チョッパー的にはFCスナイパーの12ポンドでフルキャストし、最大水深2メートルレンジまで潜ると感じます。

逆に浅いレンジをアプローチする場合、ショートキャストを繰り返し1.5メートルを狙う事もあります。

ここで勘違いして欲しくないのは、水深2~3メートル、もしくは4メートルぐらいの水深に居るであろうバスを狙ってアプローチしていると言うこと!

優しいジャーク&ポーズを繰り返し、ルアーを中層で止める事によって、バスに魅せてバスに喰いにきてもらう喰い上げさせるイメージです!

雪解け水や水面の凍った水が入りだすこれからの時期、上の写真のように水温もとことん低くなりますが、デカイバスほど障害物『ストラクチャー』周りの中層に浮いている事が多いので、是非VARUNAチャレンジしてほしいと思います。

もしジャークベイトの使い方など、解らない事があればtribeで聴いてみて下さい!

今日もチョッパーの独り言でした。

TRIBE TVで、早春に向けてCHOPPERの動画です!

春の柳井原貯水池をハイピッチャーで攻略!

お時間ある時にでも、是非ご覧ください(^o^)

TRIBE TVのチャンネル登録してくれませんか?

下のボタンを押すとチャンネル登録できます!!よろしくお願い致します!!

Fishing Gear & Tackle TRIBE

Web:http://fishing-tribe.jp/blog

Tel:086-259-5945

岡山県岡山市北区白石西新町9-103-106

関連

Copied title and URL